So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイパーカットソーPRO-R [工具・道具]

ハイパーカットソー 0.1 PRO-Rです。
シャトルの筋彫りに大活躍してもらいました。ちょー切れます、彫れます。これまでプレシジョンツールのノコ使ってたんですが、かなり早く深く彫れるようになりました。刃持ちも非常によいです。
DSC02635.jpg

ところが、真ん中あたり、どこかにぶつけたかでゆがんでしまいました。
DSC02637.jpg
このままでは使いにくいし、大きさも何となく小回りがきかないと思っていたので、ばらしてデザインナイフに挟むように加工して、プレシジョンツールの替わりにしてしまおうということで分解してしまいました。

DSC02641.jpg
引っ張ったら抜けるかと思ったんですが、よく見たら接着剤で固定しているみたいなんで真ん中にノコいれて分割です。
結構深く入れ込まれています。

DSC02643.jpg
背の部分の補強材の隙間にこじあけをいれて広げるととれます。
前の方がしっかり挟まれていました。

DSC02648.jpg
さて、どう細かくカットするか、肝だったりしますが、素材を曲げてしまっては意味がないので、折りとってみました。
さすがに何もせずに折ろうとすると曲がってしまうと思ったので、スチール定規をあててケガキ用の超堅チップでけがきます。

DSC02650.jpg
ケガキ後

DSC02651.jpg
けがいた跡を目立てやすりでごりごりやります。ノコの刃先を痛めないように注意して削っていきます。

DSC02654.jpg
半分くらい削ったところで、曲げると折れます。
折れた断面を目立てやすりでならしておしまい。
サイズがあわないときは、ダイヤモンド砥石などで調整すれば大丈夫かと

DSC02656.jpg
ということでばらばらにしたら3本できました。
小っちゃいのはプレシジョンツールの補強板に、大きいのはここから削って小さくするのがのいやになったので、コトブキヤのノコで使っていた自作のでかい補強板(0.2厚の板バネ)に挟んでいます。
ちょうど大の方のナイフに収まるサイズだったのでよかった。

さて使った感想ですが、微妙に角度が変わっていて面白い感じで使えてます。
場所や長さに合わせて持ち替えて使う感じです、万能ではないですが有効に活用できたかな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。